夜勤勤務を初めて早三ヶ月が経ちました!

乗務員夜勤者の出庫確認と日勤・夜勤・隔勤者の帰庫時における

売上の申告と実際に乖離がないかをチェックするのが夜勤者の仕事です。

要は、売上が合っているか合っていないかのチェック!

お客様からの電話対応!
 苦情
 忘れ物

 イロイロなお客様がいて勉強になりました。

殆どが上から目線の話し方に辟易するのが現状です。

11月初旬の事、

管理業務責任者から

「運行管理者の試験を受験してください。

来年の三月は間に合わないので臨時の試験が五月にあります。

試験費用、会場迄の交通費は会社持ち、リスクが無いので試しに受験してください。」

何だ運行管理者って、その時は、

「合否に関して問わなければ受験しましょうか」

大丈夫かなー!前回試験らしい受験は、35年前の事です。

周りの方に聴き始めると6回受験しても不合格一回でパスした方も二人いました。

少し調べると合格率が

H25年度第1回試験 30,161人 5,815人 19.3%

H25年度第2回試験 27,405人 10,236人 37.4%

H26年度臨時試験 11,542人 4,064人 35.2%

H26年度第1回試験 25,501人 3,674人 14.4%

H26年度第2回試験 27,610人 10,180人 36.9%

こんな感じで推移しています。

結構難易度が高いんだなー!

マ受かれば、ラッキー!と思いましょう。

運行管理者がどのような業務なのかも分からずに「受験しますよ!」

と言った手前、内容を把握するために少し調べました。

次回はどのような資格試験?

続く